[16944]Re(1):あげ過ぎちゃう / パレ

初めまして、ゆう、さん。
俺は、既婚者で父親でもある、50代のおっさんです(^^ゞ
自分を理解してあげてください。
自分とは、どんなことを欲して、何を持って、[幸せ]と感じるのか?を、もっと理解することです。
客観的に、ここで書かれた文章を、読み返してみてください。
既に、答えが、自らの言葉で、書かれていますよ。
例えば・・・
>喜んで欲しくて子供服のブランドの服をあげました。
>長い付き合いなので1万円の服をあげだのに、
>内祝いは十分の1もしない美味しくもないクッキー…
[喜んで欲しくて]は、ゆう、さんの希望で、その方法論として、<プレゼント>があり、その成果は、【プレゼントと同等の返還】ってことです。
まず、勘違いしないで読んで欲しいのは、これは、あくまでも、
 現在のゆう、さん
の思考ってことです。
苦しまない思考に改善できれば、未来のゆう、さんは、苦しみが減るってことです。
改善するには、現状を理解して、改善点を見つければ良い訳ですね。
現状の理解とは?
今のゆう、さん自身を、自分で、理解することです。
そして、最初に書いておきますが、欠点でも、悪い点でも無いです。
敢えて、それを欠点と捉えるなら、それらも全部含めて、自分だと認めてあげることが、すべての始まりで、最初の一歩です。
それ即ち、自分の尊厳を認める=自尊心です。
では、これを前提に、もう少し、柔らかい言葉で話します。
俺のポリシーの1つに
 <他人の気持ちは理解できない。出来るのは、理解する努力>
ってのがあります。
大切な人には、一生、理解する努力を続けます。
何故なら、一生かかっても、他人を完全に理解することは、不可能だと思って居るからです。
なので、
 「あなたのために言ってるの!」
と言う、”あなたのために”が、大嫌いな言葉です。
価値観は、人それぞれなので、当然、幸せの価値観も、違う訳です。
であれば、”あなたのために”と発せられた言葉(想い)は、発した人間の幸せ論であって、”私のために”でしか無いってことです。
これ意味は伝わってますか?
>喜んで欲しくて子供服のブランドの服をあげました。
ゆう、さんが、[喜ぶ]と言う価値観の答えが、高価なブランド服だった訳です。
>内祝いは十分の1もしない美味しくもないクッキー…
ゆう、さんは、お祝いを貰ったら、最低でも十分の一の価格帯のもので、しかも、食べ物であれば、万人の味覚に応えるもので無ければならない訳ですね。
何より、重要なのは、ゆう、さんは、感謝には、言葉よりも、貰ったものと同等の対価があって、初めて成立すると考えているってことです。
最初に書いたとおり、これは、善悪では無いです。
敢えて善悪で言えば、その思考や文化を、善とする社会も存在するし、それらの世界に属する人たちは、たくさん居ると想います。
つまり、同じ価値観同士の付き合いなら、求めた幸せは、希望通りの返還がされたと想います。
根本的な部分を、考えてみてください。
他人に、<喜んで欲しい>と想うのは、どうしてなのか?です。
対価の返還が欲しいからでしょうか?
もしそうなら、上記で書いたとおり、ゆう、さんと、同じ価値観の人たちとだけ、付き合いをすることで、それ以外の人たちとは、それ以外の人たちの[付き合い方]を聞いて(どの程度のプレゼントをするのか?)、それに習えば良いと想います。
俺の場合で、プレゼントをするのは、相手の笑顔=喜んで欲しいからです。
何故なら、大切な人の笑顔は、俺を幸福にする要素の一つだからです。
つまり、プレゼントをするのは、俺の幸福欲を満足させるためです。
決して、その相手のためでは無いです。
そして、ポリシーの1つである、他人の気持ちは理解できないので、笑顔を狙って選択したプレゼントは、必ずしも、相手の笑顔を引き出すとは限らないです。
喜ばない可能性も、充分にあります。
失敗した場合、相手の好みや価値観を理解するデータとなり、結果、それも俺のためです。
相手を喜ばそうと、相手を理解して、相手を想い、相手のためのような行動は、すべて、自分のためです。
ゆう、さんは、本当に、相手が喜ぶことが、行動の報酬と言えますか?
言えないなら、付き合う相手を、選択することです。
もし、純粋に、相手の笑顔を報酬としたい。
それが、自分の幸せだと想うと考えれるなら、まずは、今の自分を、よく理解することです。
すべてを、自分として、認めてあげることが、最初の一歩です。
誰かの承認は、必要ないんです。
貴方自身が、自分を承認してあげることが、すべての始まりです。
ゆう、さんは、この世に、一人しか居ません。
それを、個性と呼びます。
ゆう、さんの、幸せとは、何なのかを知るために、今の自分を理解することです。


1つ▲|ツリー▲|BBS▲|サイト▲

フォロー記事:
あげ過ぎちゃう/ゆう、

Copyright(C)
-心の癒し-