[17053]カラオケ大会の審査が不満 / きょんきょん。

≪厳しいアドバイスはご遠慮ください≫≪女性≫≪30代≫
カラオケ審査に納得がいかない。どういうこと?
先日、大きなカラオケ大会に参加してきました。
若者たちがメインの大会でしたが、
そこで準優勝されたのが、50代のおっさんでした。
その審査に、納得がいきません。
審査員が言うには、「メッセージ性を強く感じた。押しつけがましくない歌い方をしている」とのことでした。
彼が歌っていたのには、海造亮太さんの「愛のカタチ」です。

もともと曲の歌詞そのものがメッセージ性が強く、彼はCD通りになぞらえながら普通に熱唱している感じでした。特に「上手い」とか「抑揚が効いているな」「なるほど大きく身振り手振りで表現しているな」とかそんな印象は受けませんでした。「歌うま気味のおっさんの、普通の熱唱カラオケ」という感じです。
そこで質問させてください。
「メッセージ性が強い」のに「押しつけがましくない歌い方」ってどういう意味ですか?

押しつけがましくないっていうのは、つまり自己陶酔・自己満足している歌い方っていう意味ではないのでしょうか?実際に、これといった特徴的な抑揚も無く、ただ原曲になぞらえて歌っているだけの印象を受けました。

(自分が落選したことに嫉妬しているわけではありません。純粋に審査基準が知りたいです。もっととんでもなく歌がうまい人はたくさんいたのに、なぜこのおっさんが?と疑問です。)

なんというか、
「メッセージ性が強い」=外部へ向けて発信している
「押しつけがましくない」=自分の内部で完結している
・・・というような矛盾を感じて、いまいち評価の真意が理解できないんです。
メッセージ性が強いのは、50代男性の歌い方や表現力ではなくて、もともとの曲調や詩のおかげだと思うのですが・・・

それに、ひとりのシンガーとして、「聴き手のことを意識しない歌唱」が評価されて良いのでしょうか?「俺うまいだろ!すごいだろ!」という歌い方はさすがに引いてしまいますが、誰かの心に響くように心を込めて歌うことの何がいけないのでしょうか?自分のために歌うことが良い事なのですか?


ツリー▲|BBS▲|サイト▲

フォロー記事:
カラオケ大会の審査が不満/Tony
カラオケ大会の審査が不満/パレ
カラオケ大会の審査が不満/きょんきょん。

Copyright(C)
-心の癒し-