[17070]独り言(長文です) / 心少女

≪厳しいアドバイスはご遠慮ください≫≪女性≫≪20代≫
こんにちは、心少女といいます。
14歳の頃にここにお邪魔して以来の書き込みになるかなあ。

ただの独り言だと思っていただけたら幸いです。

14歳の頃、ここに書き込みした内容は家族のことでした。
色々と精神的に不安定でフラッシュバックやパニックになっていた時期でもあり父親と暮らしはじめてからも家族間で色々とあって心が破裂しそうなくらい息ができないくらい苦しくて自殺を試みたこともありました。
あれからなんだかんか22歳まで生きています。
それでも毎日死にたいって思い心中を考えてしまいます。

あの頃と変わらず家族はなにも変わっていません。
2つ下の妹がいますが、中学を卒業してから高校も行かず仕事もしていません。
ヒステリックになったり暴力的になったり彼女は病院を嫌い連れていけないので正しいことはわかりませんが発達障害や自閉症かなと思う部分もあります。

父は相変わらず父親という感じはせず毎月病院代、ガソリン代その他諸々7万は軽くお金を要求されています。
ただ中学生の頃の私は色々なものが爆発して余裕がなくて父親という理想で「どうして見てくれないの?彼女が優先なの?妹が泣き叫んでるんだよ」って嫌悪しかありませんでした。

ただ一緒に住んでいくうちに父も父で可哀想なんだなって。
父親とは母親の虐待ネグレストが原因で私が4歳、妹が2歳の頃に父方の祖父母の家に14歳まで預けられて育ててもらいました。
育ての親でないし私達と離れている間も連絡も会ったりも1、2回程度で一緒に暮らし始めてからも親というよりお互いどこかギクシャクしていました。
一緒に暮らし始めた理由も私の自殺未遂や精神的におかしくなって学校にいれなくなり精神科に入院してそこで親と暮らすことが最善だという理由からでした。

しばらく会ってもないしかも精神的に不安的な年頃の女の子2人が子育ての経験がなく今まで彼女や彼女の子供と自由にのびのびしていたところに急にきたんですもん。
戸惑うしどうしていいかもわからなかったと思います。

私は父親に無条件の愛情というものを求めてしまうけど、父親もどこかまだ子どもだなあって部分があり愛を欲しているんだと思います。
だから彼女が優先になるし1人の時間が大事なのも痛いほどわかります、
家に帰ればヒステリックな妹がいて仕事から帰って疲れているところに叫びまくるから

でも妹の気持ちも痛いくらい苦しいくらいわかるんです。
育児放置されてるときから寂しいとかそんなのなくてただ妹を守らなくちゃって祖父母の家にいってもそれだけでした。
だから妹というより娘って感じがして過保護になりすぎたのかもしれません。

まだ私が大人で余裕があればまた違う現在があったのかもしれないけど、私も余裕がなくて大人にも頼れなくて自分を守るのに必死で不登校になって高校も通信制でした。
妹も最初はちゃんと学校に通っていたけど私が相談室に通うになってから妹も相談室通いになったり今でもたまに「お前のせいだ」って言われて確かに私のせいだなあって私がもっとちゃんと頑張って頑張らなくちゃいけないのに

現在わたしは風俗で働いています。
介護の仕事や事務職など仕事をしていた時期もありましたがどちらも職場でのコミュニケーションが上手くとれず笑えなかったりやる気の低下などで辞めてしまいました。ダメダメですね、、、
風俗は介護の仕事をしている時から掛け持ちでしていました。
きっかけはお金です。
父親から要求されるお金や光熱費が払えてなく止められる時も多々あってそれも払ったり家の食費など給料だけじゃ足りなかったのもあります

それもあるけど嘘でもなんでも見つけてもらいたかったのかもしれもせん。
17歳あたりから自暴自棄で異性と性行為を繰り返してばかりして自分でもなにかなんだかわからなくなってて。

風俗は正直辛いです、なんでこんなことしてるんだろうって。
でも仕事している時に感じる苦しさで家にいる時の苦しさや死にたさこれからのことを忘れられてそこに甘えてしまう部分もあります、
それにこんな私でも例えて性的サービスがあるかでもその時間だけかもしれないけど求めてくれてここにいるんだよって何度も会いにきてくれたりして私じゃなくちゃ駄目なんだよっていってくれる人もいて安心しちゃうんです。

だけど今のままじゃ駄目だって思ってて。
ちゃんと仕事して安定して家族を守らなくちゃって。
ちゃんと笑って頑張らなくちゃって思うのに最近じゃ笑えないし心は苦しいのに心が空っぽになる感じがして泣けなくて傷ついているのかもわからなくなってなにもわからなくなっちゃって死を求めてしまうんです。

仕事をしていても無理矢理笑って終わってから空っぽになってぼーっとなってわからなくて全部恋愛も人も自分のことも何にも誰にも興味もなくてただわからないってだけで。

ただひとつだけなにも考えずに真っ白な頭で心がただ無邪気に笑いたいだけで
中学生の頃も一家心中を考えていました。
私じゃもうなにもできない死にたいけど妹は誰が守るの?なら一緒に死のうって。
あの頃実行していればよかったとたまに思います
馬鹿みたいにきっと大人になれば笑顔の家族になれるなんて生きてきたから

私はもう22歳で大人で子どもじゃないから自分でなんとかしなくちゃいけないけど私1人じゃ
どうしていいのかもわからなくて助けを求める時もあったけどなんか苛々しちゃうんです
違うよそうじゃないよって。
だからなにも言わなくていいからただ抱きしめてくれたら私それで十分なのにって。

馬鹿みたいな話な余談ですけど、わたし19歳まで本気でピーターパン信じていたんです。
ネバーランドは16歳までな気もするけど一応19歳まで。
ピーターパンがきてネバーランドに妹と一緒に連れさってくれるんじゃないかって。
だから冬でも雪が降っても雨が降っても寒くても窓を年がら年中開けっ放しにしてて、、どから20歳になったときあ〜あ迎えにもうきてくれないって絶望しちゃいました笑
空想のものにすがってないと保ってられなかったのかもしれないですね

なんだかやみくもに書いてしまって文も支離滅裂だしだらだらと長くなってしまい申し訳ありません。

ずっと誰にもなにも言えず無理矢理笑う毎日で最近はちょっとまいってしまってこの場をかりて書かせてもらいました。
ここまで見てくれている方お付き合いありがとうございます。

寒い時期体調崩さないようご自愛くださいね。


ツリー▲|BBS▲|サイト▲

フォロー記事:
独り言(長文です)/静

Copyright(C)
-心の癒し-